更年期と薄毛の関係は?

MENU

更年期と薄毛について知っておきたいこと

40代後半から50代前半にかけて女性が不安になるのが更年期。うつやのぼせなどの体に感じる辛い症状は、女性のほとんどが個人差はありますが体験されると思います。また薄毛も更年期の悩みの一つ。この二つの関係についてご紹介したいと思います。

 

更年期と薄毛について知っておきたいこと

更年期になると薄毛になる理由

更年期の症状の一つに薄毛があります。そもそも更年期とは加齢により子宮の働きが衰え、女性ホルモンの分泌が減少することが原因。心身共に起こる様々な症状は大変辛く、病院でホルモン治療を受ける方も少なくはありません。

 

更年期になると、さらに辛いのが薄毛。産後に薄くなった髪が、さらに40代後半になるともっとボリュームも減ってしまうのです。見た目年齢にも影響するために50代前後になると髪のお手入れもとても慎重になりますよね。

 

女性の体はホルモンの働きと大切な関係があります。50代になって頭皮が透けるような薄毛の悩みは、ホルモンを活性化することがまず最初にやりたいことの一つですね。

40代が薄毛ケアに大切な時期

40代になると出産、育児を経験した女性も多く、髪の量は質は人それぞれです。頭皮ケアをしっかり続けてきた人は加齢による薄毛もある程度防ぐことが可能です。40代の女性のうち、約8割が薄毛の予備軍といわれていますが、加齢以外にも長年のパーマやカラーリングが頭皮にダメージを与えていることも要因です。

 

食生活や生活習慣なども頭皮環境を左右するため、40代で抜け毛が気になり始めた時がケアを始めるチャンス。いつか元に戻るだろうという安心感は今すぐに捨てないといけません。

 

毛周期は半年間もありますので、今頭皮ケアを始めても実際に効果を感じるのままだまだ先こと。50代で薄毛にならないためにも40代での頭皮ケアが重要なのです。

育毛剤で早めにケアを始めること

育毛剤を使用する女性が増えていますが、更年期を迎える50代前後の女性には薄毛予防のために欠かせません。年齢とともに血行のめぐりが悪くなる40代、50代。育毛剤ですぐに発毛効果がなくても有効成分を補い頭皮の血行を改善するだけでもメリットなのです。

 

更年期の薄毛は誰もが経験すること。早めの対策が抜け毛や薄毛予防にも効果がありますので、育毛剤を使った頭皮マッサージを早速はじめましょう。

 

髪はストレスも原因の一つ。頭皮マッサージで気持ちよくリラックスすると、自律神経が安定するためホルモンの分泌も安定しますよ。また日頃の運動不足も解消して、いつも元気な生活を送ることが髪にも良い環境になります。

関連ページ

40代から始める育毛剤の選び方
40代の女性は見た目年齢にも差が付き始める世代。薄毛になってしまうと実年齢よりも老けて見える原因です。40代はまだまだオシャレにもこだわる世代。薄毛が深刻になる前に40代から育毛ケアを始めましょう。
50代で始める育毛剤の選び方
50代になってから育毛剤を使っても効果があるの?と心配される方がいます。女性にとってふさふさの髪は魅力の一つ。年齢にこだわらずに育毛ケアを続けましょう。早速ですが、50代の育毛剤選びのポイントをご紹介したいと思います。